2016年7月9日土曜日

ノースアメリカン レーシングティーム

ノースアメリカン レーシングチーム N.A.R.T. は現在のFERRARIを築いたと言っても過言ではないと思います。ルイジキネッティは友人であり、顧客であり北米FERRARIの総代理店でもありました。キネッテイーモータースとしてFERRARIを販売するとともにN.A.R.Tを創設してレースに参戦したのです。
N.A.R.T.所有のFERRARI群は現在は最もレアで価値のあるCLASSIC FERRARIになりました。近年ではオークションで275NARTスパイダーが驚く価格で落札されました。又、ルマン24時間レースの長い歴史の中でFERRARIは5回総合優勝をしましたが1950年代にNARTのオーナーであるキネッテイーが優勝し1960年代はN.A.R.T.の250Pがルマンで総合優勝を果たしてます。

275GTB-4ALLOYは約14台生産され内2台がアウトフィラーキャップ(レース仕様)として造られ、この2台は勿論ノースアメリカンレーシング、N,A,R,T,のオーダーで作られ、近年2台の内の1台がイギリスのTARACLESTにて販売されました。他の1台は近年ルイジキネッティ氏がモデナで
レストアして新車の状態に戻しました。カラーはキネッティ氏の思い出のカラー(N.A.R.T.ブルー)
にベージュのインテリアに仕上げられました。
同じころモデナのオートスポーツにキネッティ氏の250インテリゥームベルリネッタがレストアを終え
レースエンジンのエージングをしてました。この250はN.A.R.T.からルマン24時間に出場してクラス優勝、総合4位の輝かしいリザルトを残した名車で5台生産されましたがこの250はピニンファリナが手掛けたONE OFFは当時のキネッティ氏の影響力を示しています。




365P FERRARI マクラーレンF1より数十年前に作られたセンターシートモデル。2台が作られFERRARIの最高傑作








このスーツケースはグラスファイバー製で非常に軽く丈夫な当時としてはハイカラなケースでした。
モデナでキネッティ氏(COCO)から頂いたのですが父はエンツオ フェラーリ氏に会いに行くときは
必ずこのバックを持ち歩いていたそうです。歴史の生き証人です。













0 件のコメント:

コメントを投稿